納骨の儀 - 霊園・墓石 石の事なら“愛石” よくある質問 のアーカイブ - 霊園・墓石 石の事なら“愛石”

Home > よくある質問

よくある質問 Archive

納骨の儀

当社は『納骨の儀』を非常に大切にしています。

当社が行う『納骨の儀』とは、関西特有です。関西ではお骨を土に還します。それは、大地から生まれし生命は、大地に還るという理念です。土葬のなごりでしょうか。

関西では、お骨をさらしに包みお墓に納骨します。その際、出来る限り参拝者全員の手で、さらしに包んでいきます。

当社は必ず行っています。雨の酷い日、雪の日、特に寒い日とお寺さんからしないように指示があった時だけは、しませんが、ほぼ100%近く行っており、お客様は法要後、とても清々しい顔になられています。

親族皆様にとって、グリーフケアの一端を担えたら幸いです。

「お墓じまい」について

「お墓じまい」という言葉は、大手の墓石店が分かりやすくキャッチコピーで使ったと思われます。

従来お墓を建てたら「開眼法要」、お墓を撤去する場合は「閉眼法要」を執り行います。お墓は撤去、処分出来ます。石は再生採石になります。しかし、お骨は取り出しても処分出来ません。改葬をする必要があります。「閉める」のと「終う」のは大きく異なります。「終う」場合は、縁者が一切いない、そして子供の居ない家族が、本当の意味で途絶えてしまう場合です。その墓地を管理するお寺が、お骨を無縁塚などに祭祀をし、浄土真宗の場合「永代経法要」その他の宗教では「永代供養法要」などを行うという形でお骨まで「終(しま)い」ます。これを「お墓じまい」と言います。

しかし女系家族の場合、縁者が途絶えた訳ではありません。昔のように養子にするという形は取りませんが、ご自分の娘様が次男と結婚したり、またお孫様に男の子の兄弟が生まれたり、勿論、女の子が生まれて、次男と結婚するケースも少なくありません。両家墓というニーズも増えているこのご時世で、縁が途切れていないのに「終う」という表現が本当に正しいのでしょうか。

但し、マスコミなどの影響で言葉の解釈が変わっていくのも世事です。世事の上に仏事は成り立ちます。両方うまく噛み合わせていく事も大切だとは思います。その中で、最終的にお骨をどのように祭祀するのかをお考え下さい。小さいお墓でも、「先祖が眠る場所」があって、代々、永久に手を合わせ、皆さんが感謝出来る場所を作る事も大切ではないでしょうか。永代経、永代供養を含めた久遠墓というお墓の形を取り組まれている墓地もあります。

お墓を新しく作り、お骨を改葬する事は、一般的に「お墓じまい」とは言いません。自分達のお墓を再建、お骨を引越しするだけで『お墓の改葬』となり、終う事と異なりますが、世事で『お墓じまい』という表現になっている。

その中で大切なこと、

1、最終的にお骨をどのように祭祀するのか

2、なぜ手を合わせる必要があるのか

3、どんなメリットがあるのか

自分達はご先祖が居なければ自分も今、この世に存在しません。初詣に神様を崇めるメリットはなんでしょうか。

神仏になり、御加護戴いているご先祖様、『良いことあったな。』『死ぬかと思った。』『運が良かったな。』って想えば感謝すべきです。そこに大きなメリットがあります。

成功している企業の社長や著名人は、神仏に対しての感謝を後世に伝えようとする方が多いです。

それぞれの意味をよく考え、今後の祭祀に役立てて頂けると幸いです。

墓石のネット販売について

昨今インターネットの普及に伴い、墓石業界でもネット販売を行う石材店や異業種参入が増えてまいりました。

愛石にお問い合わせ頂くお客様の中でも、墓石のネット販売についてご相談を求められる機会も増えてきました。

ネットでの墓石販売とネットでの霊園情報提供は違います。

墓石のネット販売は、閉鎖的で価格の不透明であった墓石業界でお客様の選択肢が増える点、愛石としては歓迎しております。

しかし愛石は、霊園管理業をも営む「実店舗型の石材店」であり、今後、早急に販売スタンスを変更する予定は無く、また、墓石だけをネット販売していくポータルサイトには、少々困惑しており、参入に至っておりません。

今現在としては、無理な規模追及をせず、堅実な経営を通して、適正に提供することこそお客様還元だと考えております。

ネットでの霊園情報提供については、近畿一円の霊園情報内に自社霊園や対応可能霊園をアップして頂いております。

全国各地から建墓が可能かどうかのお問い合わせを頂いております。勿論、愛石は全国対応します。が、愛石は迅速なアフターフォロー体制をモットーにしているため、予算上、遠方への輸送コストなど現在の規模を考えますと、近畿一円を除くお客様には、誠に申し訳ありませんが地元の石材店等をお薦め致しております。

「全国いつでもどこでも。」と大風呂敷を広げ、後で「出来ない。」という恥ずかしい話は、信用を損ないかねません。

墓石は一生に一度の買い物でございます。選ばれるのはお客様自身でありますから、ご予算やアフターフォロー等お客様が一番大切だと感じる価値を念頭に置いてお選びください。ご判断や石材品質等に迷われた際は、いつでも愛石までご相談ください。

皆様がご先祖になる霊園、そして墓石で最後の住処をお建てになるのか、満足いくお買い物であるように、心からお祈り申し上げます。

 

愛石株式会社  代表取締役 雨谷康弘

 

ホーム > よくある質問

検索
フィード

Return to page top